和牛の良さや調理方法などがわかる!和牛のよくある疑問を分かりやすく解決

和牛の食べ方に合った部位選びのコツとは

和牛の食べ方に合った部位選びのコツとしては大きく、「赤身」「霜降り」「ホルモン等」とに分けられます。
赤身は肉の純粋な味を楽しめる部位で、ステーキやビーフシチューといった煮物に良く合います。
「霜降り」は脂身の味を楽しめることができ、色々な料理で主役を務めることができるレパートリーが広いものといえるでしょう。
特に美味しく食べるなら専門店で食べるのがおすすえめで「和牛一頭買い」の焼き肉店などは、特に様々な種類を楽しむことが可能です。
一頭買いをするとその牛本来の品質が高いものを選ぶため、全体として良い傾向があるのです。
その違いが大きくでるのがホルモンなどで、新鮮な状態で〆てあるため極上の味わいが楽しめます。
もっとも肉本来の味を楽しみたいのであれば塩だれなどシンプルにして、スタッフに焼いてもらうスタイルがオススメです。
焼き方次第で肉の味は変わるとされているため、熟練のスタッフが焼くのが望ましいのです。

美味しい和牛肉の調理方法と食べ方について

和牛は、部位によってその特性が大きく異なり、食べ方によっても味の美味しさが変わります。
ステーキやローストビーフなど厚めの牛肉を使った料理は、必ずと言ってよいほど最初に塩を振ります。
塩を振ることで内側に肉汁が閉じ込められて、肉のうまみを引き立てる効果があります。
また、焼く直前に塩を振っておくと身が引き締まり、調理すると時に身が崩れにくくなります。
塩をふって時間が経ちすぎると水分が抜けすぎてしまい、元が柔らかい肉であっても固くなってしまう可能性があるので、調理する直前に振ります。
和牛を使った料理には、煮たり焼いたり蒸したりと色々な方法があります。
同じ素材を使用しても調理方法が異なれば、食感も味わいも違うので、それぞれに適した食べ方に調理するのがおすすめです。
美味しく調理するには温度も重要で、それぞれ牛肉の部位の声質を理解してそれを活かした調理方法で、肉の美味しさを最大限に引き出すことをおすすめします。

和牛に関する情報サイト
和牛の魅力

このサイトでは、今空前のブームを巻き起こしている和牛について見ていきます。以前は外国産の牛肉がたくさん消費をされていましたが、現在では形勢が逆転をしました。これから自宅で調理をして食べていこうと思われている方も大勢いらっしゃるでしょうが、多くの方が抱いている疑問をわかりやすく解説をしていきましょう。どのような食べ方が美味しくなるのか、保存の仕方もピックアップをするので参考にしていただければ幸いです。

Search