和牛の良さや調理方法などがわかる!和牛のよくある疑問を分かりやすく解決

このサイトでは、今空前のブームを巻き起こしている和牛について見ていきます。
以前は外国産の牛肉がたくさん消費をされていましたが、現在では形勢が逆転をしました。
これから自宅で調理をして食べていこうと思われている方も大勢いらっしゃるでしょうが、多くの方が抱いている疑問をわかりやすく解説をしていきましょう。
どのような食べ方が美味しくなるのか、保存の仕方もピックアップをするので参考にしていただければ幸いです。

和牛の良さや調理方法などがわかる!和牛のよくある疑問を分かりやすく解決

和牛の良さは、調理後も味わいが大きく変わらないという点です。
外国産の場合は余分な脂肪がたっぷりとついた状態なので、色んな加工をしても脂分が多い点が目立っていました。
ところが和牛に至っては多くの方が疑問に抱かれる赤身の美しさが際立っています。
これは畜産農家が努力をしている賜物であり、ブランド認定を得るために与えている飼料や飼育環境を工夫しているからです。
和牛の良さは飼育環境の良さを示しているといえるでしょう。

和牛を美味しく調理する方法とは?

和牛は好きな方が多いので、店だけでなく自宅で食べる方が少なくないはずです。
ただ、自宅で焼いたりした場合、味がイマイチであるケースが少なくないので注意する必要があります。
そこで、和牛を美味しく調理するために知っておくべきポイントを見ていきます。
1つ目は果物や野菜でマリネすることが有効です。
果物や野菜にはたんぱく質を分解する酵素が入っているため、お肉が柔らかくなるメリットがあります。
果物はパイナップルで野菜は玉ねぎなどがおすすめです。
マリネする時間は2時間から半日くらいで十分です。
2つ目はお肉は焼きすぎると固くなってしまうため、ミディアムがベストな焼き方になります。
和牛を焼くときはドリップをしっかりふきってください。
ドリップをふき取ることでニオイを取り除くことが可能です。
せっかく美味しい和牛を食べるのに、ニオイが残ったままでは魅力が半減してしまいます。
少し意識するだけで味が変わるので、調理方法は注意するべきです。

和牛と他の国産牛との違いはどこにあるのか

和牛と国産牛は日本の牛肉を異なる名称で呼んでいると思っている人も多いようですが、実は明確な定義があります。
まず、和牛は日本の在来種をもとにした食肉専用の牛で、必ずしも国産の牛を指すわけではありません。
品種の名前であるため、国産や外国産と区別されることはないのです。
黒毛和牛がもっとも有名で、松阪牛や米沢牛、但馬牛などの銘柄があります。
国産牛の定義は日本で飼育・加工されたものとなりますが、外国で飼育された牛を輸入して日本で飼育・加工したものも含まれます。
有名な品種は、ホルスタインやアンガス、ヘレホードなどです。
食肉用として育てられたという定義はないため、乳牛として乳が出なくなった牛が食用にされることもあります。
このような理由から、味に関しては和牛の方が品質が高いとされており値段も高い傾向があります。
ただし、それぞれの肉質に合う料理、合わない料理があるため、料理に合わせて適切な肉を選ぶのが良いでしょう。

和牛の良さがわかるランクの知識と見分け方

和牛にもランクがあり、お値段だけでなく美味しさも変わってくるのはご存じですか?スーパーにはずらりとお肉が並んでいますが、普段何となく買っている人も多いことが想定できます。
そこで和牛を買うにしても、どうやって見分けたら良いのかを、比べてみようという方法を紹介していきます。
まず牛肉の種類を確認することが大事です。
例えば輸入牛・和牛・国産牛といった分類があります。
国産牛とは和牛以外の日本育ちの牛を表しています。
つまりはホルスタインなどの乳用種や、色々と混ぜた混雑種類になるのです。
特に乳用種は乳の出が悪くなると食用に回されてしまい、肉質があまりよくないので、ひき肉にされてしまうことが多いです。
日本在来種を食べるならば、黒毛和種や日本短角主・無角和種・褐毛和種の4種類にわけることができます。
日本で食べられている牛肉の6割が輸入牛であり、ほとんどがオーストリア産かアメリカ産です。
低脂肪な赤毛で日本人にとても人気だといわれています。

和牛の種類にはどのようなものがある?

和牛の種類は4つあります。
まず代表的なものは黒毛和種です。
「日本の和牛といえばこの牛」と呼ばれるほどブランドとして有名で、国内の至るところで飼育されています。
美味しさ・柔らかさ・サシの入り具合など全てにおいて優れており、松阪牛や近江牛といったブランドのほぼ全ては黒毛和種です。
また健康的な褐色和種は、2番目に多く日本で飼育されています。
肉質は黒毛和種に比べてやや劣りますが、赤身が多いため健康志向の人達に人気があります。
そして3番目に多く飼育されている日本短角種は、寒さに強く丈夫で育ちやすいのが特徴です。
放牧で飼育されることが多いため、赤身が多くて肉質がやや粗いという面があります。
さらに無角和種は、国内での飼育頭数が一番少なく、肉質は粗く風味も黒毛和種より劣ります。
しかし健康的な和牛であり、最近の健康ブームにマッチしているため、人気が高まっています。
このように、日本の和牛は黒毛和種だけではないのです。

和牛と輸入牛肉はどのような違いがあるのか?

世界的に有名になった国産和牛の存在ですが、なぜ世界が絶賛するほど高いクオリティを維持できているのかと言うと、その秘密は育て方に大きな違いがあるからと言われています。
日本では牛に与える餌に対してとても気を使っている一面があり、穀物や野菜、飲料に至るまで高品質なものだけを厳選して与えているのです。
スーパーなどへ買い物に行くと輸入牛肉の方が安く買えるのでお得な気がしてしまいますが、和牛にはこうした並々ならぬ努力があるからこそ値段も高い傾向にある為、一度食べ比べてみて味の比較をしてみると値段の違いに納得できると思います。
しかし、輸入牛肉にも素晴らしい点は多々あり、安い価格で買える魅力以外にもメリットはたくさんあります。
例えば、肉が堅めなので牛丼などには最適とされていることや、歯応えがあるので食感を大切にした料理との相性が抜群な点です。
国産和牛のメリットについては、とにかく味がよくて栄養価が高いこと、衛生的に安心できて高級料理には欠かせない存在になっていることでしょう。

和牛の良さを活かすための調理上のポイントとは

和牛はとても品質が高いですし旨みも十分に感じられるので、好きな方が多くいるはずです。
食感も口の中でとろけていくので、輸入業とは全然違うことが分かると思われます。
そこで、和牛の良さを活かして食べるための調理上のポイントを見ていきます。
1つ目は焼きすぎないことです。
焼きすぎると肉が固くなってしまうため、とろけるような食感が無くなってしまいます。
ミディアムレアくらいがちょうどいいです。
2つ目は和牛の特徴である甘い香りを残すことになります。
美味しさは香りも影響するため、香りがしっかり感じられる調理方法を選択するべきです。
様々な方法がありますが、しゃぶしゃぶにすることをおすすめします。
しゃぶしゃぶにすると和牛の甘い香りを強く引き出すことが可能です。
お湯の温度はまだ沸騰していない80度がベストです。
沸騰してしまうと、逆に香りが5分の1程度に減少してしまうので気をつけてください。
15秒から20秒くらいお湯にくぐらせるのが美味しい食べ方です。

和牛の良さを引き出す正しい肉の切り方とは

スーパーマーケットの店頭の肉売り場で、均一にカットされている和牛の方が美しくて美味しそうに見えます。
だけど同じ牛であっても脂の乗り方や繊維の入り方は個体差があるので、全ての肉の部位で同じ角度にカットする切り方が正しいというわけではないです。
職人は同じ部位で合っても一頭一頭で個性が違うので、それを見極めて厚みや角度を調節して切ってます。
和牛の魅力は筋が無くて、箸で挟んだだけで簡単に解れる柔らかさなので、それを実現するために筋を直角に断つように筋に対して90度の角度を意識して切ります。
部位が変われば、なおさら個体差も変わるので筋を見極めて切る事が美味しく食べるうえで重要となってきます。
それともう一つ大事なのはカット後に、鮮度が落ちると味も酸化して変わって行くので、出来るだけ食べる直前に切る事が重要となってきます。
だから美味しい焼肉屋では注文を受けた後にカットして出すので、そのため肉が出てくるのに時間が掛かります。

和牛の内臓の代表的な部位と美味しい食べ方

和牛で人気の高い内臓の部位となっているのは、ハツです。
ハツはドイツ語で心臓を意味する言葉ヘルツからきているとされています。
実は明治・大正時代に医学を学ぶ大学生はドイツ語が必修で、大学生たちが頻繁に通っていた肉料理店で内臓をドイツ語で呼ぶようになったのが定着したという説が有力です。
こりこりした触感が魅力のハツは、シンプルにステーキのように焼くだけではなく、串焼きや青梗菜・小松菜などと一緒に焼き肉のたれで炒めて食べると手軽で美味しいといいます。
レバーも人気の高い部位です。
レバーは肝臓のことを指しますが、レバニラ炒めだけではなくソテーや煮物にしてもおいしいといいます。
大腸や小腸も人気で、脂ののっているジューシーさがたまらないと感じている人が少なくありません。
焼肉の用フライパンなどで焼くだけではなく、もつ煮込みの材料として使用している人も多いといいます。
和牛はどこをとっても捨てるところなしのおいしさが魅力といわれているため、食べる時の参考にしてください。

和牛はなぜ美味しいのか成分から解説

美味しい和牛の決め手として香りや融点、脂肪酸組成などが挙げられますが、その美味しさを引き出しているのは「アミノ酸」「グルタミン酸」「オレイン酸」の3つの成分が主に関係しています。
なんとなく聞いたことはあるけど詳しくは知らないという人もいるのではないでしょうか。
アミノ酸には「甘味系アミノ酸」「旨味系アミノ酸」「苦味系アミノ酸」等があり、それらが複雑に作用しあって美味しさを作り出しています。
うま味は赤身部分に由来するグルタミン酸が有名で、加熱調理することで赤身独特の香りが生じます。
うま味に香りが加わることで和牛のよさが引き立ちます。
食感や脂肪に大きく関わっているオレイン酸ですが、オレイン酸が多く含まれているほど脂がやわらかく滑らかになります。
グルタミン酸同様、うま味成分のひとつとして注目されています。
さらに血中のコレステロールを減少させ血液の流れをよくするなどの働きもあり、健康な体つくりに重要です。

和牛に関する情報サイト
和牛の魅力

このサイトでは、今空前のブームを巻き起こしている和牛について見ていきます。以前は外国産の牛肉がたくさん消費をされていましたが、現在では形勢が逆転をしました。これから自宅で調理をして食べていこうと思われている方も大勢いらっしゃるでしょうが、多くの方が抱いている疑問をわかりやすく解説をしていきましょう。どのような食べ方が美味しくなるのか、保存の仕方もピックアップをするので参考にしていただければ幸いです。

Search